ウォーターサーバーが評価される理由

人気記事ランキング

ホーム > 日本の将来 > 早く起きるために

早く起きるために

今日本には少子高齢化という問題がある。今はまだいいが、あと20年、30年後となると人口が1億を割り、生産人口も激減する。そりゃそうだ。

 

団塊の世代が一斉にこの世からいなくなるだろう。さらに第二次ベビーブームの世代が引退となり、人口減少は必然となる。

 

それを解消するためにロボットや外国人労働者も受け入れて対策をするという。

 

私も第二次ベビーブームの人間で、これから老いて引退するまで10年ちょっとだが、この10年でいかに後身に受け継いでいくかが大変重要となってくる。仕事だけではなく、教育まで様々だ。

 

そのために時間を作るため、朝の1時間を早く起きて時間を捻出している。

 

何事も継続が大事。たった1時間でも1年で365時間捻出できる。

 

夜ではダメ。いくらでも引き延ばせる。ダラダラする。朝にその時間を配分するのは会社に行く前という限定した時間であるため、ダラダラなんてできない。時間が限らてているため、密度の濃い内容になる。

 

そのためのノウハウをぎっしり詰め込んだテキストを毎日書いている。これは自分が習得した仕事でのノウハウであったり、人間関係のハウツーであったり、きっと後身に役立つだろう。子供にも渡すために膨大なテキストを作っている。

 

朝は良いね。時間がないから一生懸命に1時間に凝縮して作業ができる。

時間があるときっとできないだろうね。朝は大変貴重だ。

 

仕事で疲れすぎて眠れないときもある。そんな時は目覚めを良くするためのサプリメントを利用している。

 

朝の目覚めが良いと作業がはかどる。悪いとボーっとして明日やろうなんて怠惰な気持ちに負けちゃうから。

 

さてがんばろう。